コンクリートの特性

コンクリート工事に至るまでは、鉄筋工事、型枠工事が行われます。それからコンクリートが打設されていきます。コンクリートは防火性、耐水性が優れているのですが、重量gあるので、自重を支えるためには柱が大きくなってしまいます。

工場の省エネについて

経費を安くしていくためには、省エネ機能のある空調設備などを利用してコツコツと改善していくようにしましょう。そうすることで、確実に着々と工場の省エネ対策ができます。

開発する

人気の温泉は意外にも全国地域で堀作することが可能になっています。個人で作業を行うことは難しいものですが、温泉開発業者を利用することで魅力的な温泉施設を作ることができます。

傾向や業者選び

コンクリート工事の傾向

一昔前は、コンクリートはメンテナンスフリーで永久構造物であると言われてきました。しかし、中性化や塩害などの劣化が明らかとなってきた今日では、コンクリートの耐久性が向上するような、設計やコンクリート工事行われてきております。たとえば、コンクリート工事の初期欠陥を防止するために、厳しい配合や調合を行ったり、砂筋や表面気泡を防ぐために透水性の型枠を使用するなど、施工においても耐久性に配慮した施工が一般的となってきています。また、コンクリートの劣化因子である水や二酸化炭素の侵入を防止するために、コンクリートの表面を保護するなどの対策や、鉄筋コンクリートでは、中の鉄筋が錆びないようにコーティングしてあるエポキシ樹脂鉄筋などの使用も多くなってきています。

コンクリート施工業者の選び方

耐久性の高いコンクリートを作るためには、まず、コンクリートのことを知る必要があります。設計と施工の業者が別れている近年では、双方の業者、技術者が深い知識を身に付けなければなりません。利用する私たちは、そういった業者を選定する必要があります。そして、こういった業者を選定するときの参考として、コンクリート技師やコンクリート診断士、コンクリート技術師といった資格を持っている業者に依頼することもひとつかもしれません。コンクリートに特化した知識を豊富に持っている業者であれば、より質の高いコンクリート工事を行うことが可能です。そして、それが、耐久性の高いコンクリートを作り出すために必要なことなのです。また、より良いコンクリート工事が行われていれば、100年を越える寿命も可能となってくるのです。